最近では、新技術や自動化に関する最新用語を多用した記事を目にしない日はありません。

コンサルティング会社のマッキンゼーは最近の記事 で、オートメーションは話題の一端にすぎず、企業が求めるものは高度な分析、マシンラーニング技術、プロセス再設計等への投資であり、それによって組織構造を最適化させる事であると述べています。また、ハーバード・ビジネス・レビュー誌は、サプライチェーンを変革せしめるプロセス自動化や予測分析、人工知能、そしてロボティクスにとってデータがどれほど重要であるかを説いています。

サプライチェーンにおいてデータの重要性は軽視できません。サプライチェーンマネジャーはオペレーションが可能な限りの効率性を確保するために、まずはサプライチェーン全体の可視化を望んでいます。引いてはコスト削減を望んでいます。これらは全てコントロールタワーが提供するデータと分析をもって可能となります。


サプライチェーン分析による改善策

倉庫への商品入出庫記録を簡単に処理できるだけではありません。移動中の商品がどこにあるのか、あるいは商品がいつ到着するのかといった情報に加え、ドライバーのための効率的な配送ルートプランニング等の情報によって、最短の納品方法を算出する事ができます。

サプライチェーン分析により、顧客はこれらの情報を全て入手できるので、ビジネス上の迅速な決断のサポートになります。コントロールタワーの分析は、サプライチェーン全体の輸送計画から逸脱する要素の発生場所、根本原因およびその頻度に関する情報を提供する事で、ノン・コンフォーミティ・マネジメントを可能にします。リアルタイム情報はトレンド分析を可能にし、顧客は逸脱要素を即座にトレースし、原因究明のための調査に取り掛かる事ができます。

コントロールタワーはプレミアム輸送分析のための情報、例えば下記のような情報を提供します。

  • リアルタイムの注文輸送
  • 物流予測値と実際の注文数との比較
  • プレミアム輸送がどこでなぜ行われたか

これにより、顧客はプレミアム輸送量を算出し、担当部署を解明し、費用削減のための改善策を特定する事ができます。


サプライチェーンの最適化

分析と情報の提供に加え、データは輸送コストとサービスレベルを最適化して効率的な物流業務を実現します。

ビジネスは予測不可能です。例えば、あなたの会社が赤字に苦しんでいる時でも、想定外の注文を受け対処できなくなる可能性があります。特に事業を開始したばかりの中小企業にとって、もちろん注文が増えれば利益も増えますが、そこには大きなリスクが伴います。輸送レーンと輸送モード毎の輸送業者を迅速に確保する必要があり、その場合はリードタイムと価格の最適なコンビネーションの見極めが必要です。

このような状況における経験が少ない企業は、窮地に陥る可能性があります。自分たちの手でこれらを処理できるシステムを構築していない限り、計画プロセス全体を自動化する事はできません。

例えばコントロールタワーは、貨物の集約プランや出荷プランの自動プランニングを実現し、マニュアル作業を徹底的に削減する、拡張可能な輸送計画ソリューションです。各物流業者から得られる輸送レーン、輸送時間、貨物料金、重量などの各種情報は全て一つのシステム、つまりコントロールタワーに集約されています。

注文が入ると、コントロールタワーは複数の物流業者とそのサービス内容を評価し、出荷に最適なオプションを選択します。

さらに、コントロールタワーはサービスの一環として仕入れを担当し、ITシステムを使用してスポット入札のプロセスを自動化します。これにより、物流業者と顧客の調整作業が軽減され、出荷プロセスが迅速化され、同時にコンプライアンスも確保されます。

コントロールタワーは顧客側で必要とされるスタッフの数を軽減するだけでなく、サプライチェーンを最適化しつつ、コストを削減します。


プロセス全体の透明化

データと分析により、注文作成から全輸送モードと地域における輸送実績まで、エンドツーエンドのサプライチェーンの可視化が実現します。コントロールタワーはこれら全ての情報を統合し、サプライヤーと受注の両方を透過的に管理する事ができます。

例えば、工場のリソース計画システムや受注管理システム、物流業者など複数のデータソースからのリアルタイム情報を使用する事で、コストやサービスに影響を与えるサプライヤーの障害領域を特定したり、各サプライチェーンや下請工場のパフォーマンス目標を習熟度や商品特性に応じて設定する事ができます。

コントロールタワーは製造現場、物流業者、外部供給業者などからのデータを活用しながら、予定通りに到着するもの、遅れる可能性のあるもの、確実に遅れるものを予測する事もできます。問題が発生した場合、コントロールタワーは貨物が遅れた原因の究明、あるいは問題解決のために何ができるのかといったフォローアップを責任者と共有する事ができます。

統合されたロジスティックスの将来を約束する鍵は、最先端のサプライチェーンコントロールタワーを通じて実現する巧みなデータ活用なのです。



こちらもご覧ください


Supply Chain Management

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。