サプライチェーンのコントロールタワーが物流コストを削減し、利益を増やす事を約束します。世界経済フォーラム(英語) では、コントロールタワーによって物流企業の運用コストにおいて2015年までに約2100億USドルを削減できると推測されています。

もちろん、それらの節約が自身の会社にも当てはまることを役員に理解してもらう事は担当者の課題です。 ビジネスコンサルタントのコグニザントによるビジネスリーダーに関する最新の調査では、回答者のわずか9%がサプライチェーンにおいて「先進的」であることがわかりました。 いろいろな理由から、変化に対する抵抗は存在します。 投資する価値を理解してもらうために上司をどのように説得しますか?

サプライチェーンにおけるコントロールタワーがどのようにして2100億米ドルを削減できるのか、考察していきます。


1. 在庫削減

サプライチェーンの担当者は在庫を最小限に抑えるために毎日時間を割いていますが、その作業には応分のコストが発生します。 また、倉庫に残った過剰在庫を安い価格で処分しなければならない場合には利益が半減します。

よく管理された物流コントロールタワーは、動きの速い商品と遅い商品を見極める可視性を提供します。 これにより、企業は在庫計画を最適化し、過剰在庫を最小限に保つことができます。


2. 輸送最適化

多くの市場では、コントロールタワーを利用して貨物を最適化しています。たとえば、最も効率的なミルクラン(巡回集配)を計画するために使用されます。つまり、各ドライバーは倉庫に戻る前に最大数の配送を行います。 それまで5個の荷物を配送していたトラックが7~8個を配送できるようになるので、約20%のコスト削減が可能になります。

事実、世界経済フォーラムは、物流会社がコントロールタワーの最大の受益者であり、今後5年間に5,200億USドルのオペレーションコストを削減する可能性があると示唆しています。  


3. エクスプレス貨物を削減

サプライチェーンマネジメントでは、エクスプレスサービスを利用することは悪いニュースです。それは、システムがどこかで失敗したことを意味し、会社は緊急の配送のために超過料金を支払っています。 これがコストを大幅に増やし、利益率を引き下げます。

しかし、コントロールタワーを利用すれば配達のリアルタイム管理が可能になるため、その余剰コストを節約することができます。 企業は迅速に問題を特定でき、解決策を取る事ができるので、エクスプレス配送は最低限に保たれ、コストは抑えられます。


4. より高度な透明性

現代の多国籍企業は、数多くの外注業者に依存しています。 これが事態を非常に複雑にする傾向があり、問題が発生した場合には誰が責任を負うのかを把握しづらい場合があります。

注意深いロジスティックスマネージャーならば、サプライヤーが頻繁に配送遅延する場合にはそれに気づくでしょう。 しかし、コントロールタワーは川上から川下までの透明性を提供するので、即座に明らかにできます。 これにより、コントロールタワーを使用する企業はパートナーのパフォーマンスを管理し、顧客を満足させるでしょう。


5. 人事管理と付加機能

信頼できる物流管理者が仕事を辞めるとき、彼らが組織上知り得た知識も共に去っていきます。 それは大きな問題です。 しかし、第三者のロジスティクスプロバイダーがコントロールタワーを操作する場合は、ほとんどの情報はそのまま維持されます。 企業はマネージャーが入れ替わる度に心配する必要はありません。 データはすべてそこにあり、ゼロから構築する必要はありません。

コストの問題以外にも、コントロールタワーの投資に見合う付加的なボーナスがあります。 サプライチェーンの管理は面倒な作業であるため、パートナーにコントロールタワーの確実な管理を任せれば、企業のコアビジネスに集中できるようになるのです。


サプライチェーンマネジメント

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。