1つの製品に対して複数のメーカーにサプライチェーンをアウトソーシングすることはごく一般的な戦略です。多くの場合、複数の業者で作業を分担できるため、時間とコストを節約することができます。また、小規模な仕事をより小さく、そしてより競争力のある価格で提供するよう努力します。

これは珍しいことではありません。 この戦略における大きなプラス点は、コストを削減し、利益率を向上させることです。


複雑化するほどに管理は難しく

しかし、この手法には大きなリスクが伴います。アウトソーシングする企業は、一定の品質基準を満たしたパーツが指定日に納品されるための調整に時間がかかります。外部請負業者が関与することで複雑さが増すため、それら業者が適切でない場合、企業はサプライチェーンの可視性と管理性を失うことがあります。

アウトソーシングする時には大きな問題がたびたび発生します。たとえば、多くの業者が関与しているため、異なるメーカーが独立して作業する場合、部品の納品日を厳密に管理することは困難です。これにより、当初の予算を上回る上に、顧客への納品が(非常に)遅れる可能性があります。

またよくある例なのですが、企業はアウトソーシングする業者をコントロールする管理システムの必要性を見落としている場合があります。

業者からの要求に耳を傾けないだけではなく、現在では一般的になっているトラッキング&トレース機能(商品の現在地と軌跡を示す機能)に基づくサプライチェーン管理についても遅れている企業があります。

しかし、逆に言えばこの事実は機会創出の可能性を示しています。最新の技術を活用して業者を監視し、トラッキングし、トレースすることが可能な企業は、この点において競争優位性を獲得し、物流管理に関するあらゆる問題に対応する事ができるのです。


答えはコントロールタワーにあるのか?

サプライチェーン上で輸送されるパーツを統合するコントロールタワーは、企業にリアルタイムで完全な可視性を与えます。その結果、自社のサプライチェーンの管理イニシアチブを取り戻し、優れたデータ管理システムを提供します。サプライチェーンにおけるすべての業者と契約を結び、彼らはデータレイク(多種多様なデータを蓄積した基幹データベース)を介して情報を共有することができます。高度なソフトウェアを使用してデータを分析し、どこで誰に配信すべきかタイムリーな決定を下すことができます。

現代のビジネス環境では下記のようなケースが散見されます。

  • 多くの多国籍企業がアジア全域で数十の工場に生産を委託しています。
  • ある企業では、原産国表示が規制に準拠していることを確認する必要があります。
  • ある企業は、税金や関税の支払いを担当します。
  • ある企業は生産物をパッケージ化し、別の企業は物理的にそれらを輸送します。

そして多くの場合、一連の手順がその後の手順を行うために必要となる場合があるので、全てのステップは決められた手順で行れなければなりません。


シンプルに徹する

サプライチェーンの管理は複雑そうに見えて、率直に言えばそれは事実です。その複雑なサプライチェーン管理の中で、例えば、どの工場が出荷準備を終えているかを簡単に知る方法があれば良いと思いませんか?あるいは、どの品目で税関書類の準備が整っているか知りたいですか?

コントロールタワーはこれを簡単にします。企業がサプライチェーンを常に細かく調整し、潜在的なボトルネックを特定し、問題の発生場所を予測することを可能にするのです。そして厳しいビジネス環境における詳細な概要を示してくれます。

また、コントロールタワーは責任の所在をより明確化します。請負業者がたびたび時間通りに注文を履行しない場合、システムがそれを報告します。このようにパフォーマンス管理計画では、何が問題なのかを確実に把握する事ができるのです。

しばしば、企業はインテグレーテッドロジスティックスへの投資に最初は消極的です。最悪のシナリオでは、綿密さに欠ける投資を行った場合、単純に思える仕事の場合でも会社を赤字に陥らせる可能性があります。サプライチェーンのコントロールタワーを導入すれば、多くの企業が問題解決のために費やすための時間、費用、労力を節約できますが、インテグレーテッドロジスティックスに大胆な初期投資を行う場合のみ可能となります。

このように、計算上、理論上、そして事前に理解した上で、リスクには取り組む必要があります。


サプライチェーンマネージメント

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。