サプライチェーンについては高度な分析が必要です。 サプライチェーンはその性質上、貨物が移動する度にデータを更新します。そのデータが有効に活用されれば、当事者がより良い判断を行えるので、最適なリソース配分ができ、スピードと信頼性を向上させ、結果的に顧客サービスを改善することができます。

現在、物流業界全体で分析の重要性がますます高まっています。 最近の調査によれば、サプライチェーン責任者の100%が、今後数年間に高度な分析機能を導入することがビジネス上不可欠であると考えています。

同じ調査ではしかし、彼らのサプライチェーンに最先端の分析機能を取り入れている割合が半分以下であることが判明しました。

驚くべきことに、多くの企業が未だにトラッキング&トレースのレベルで満足しています。 それは、貨物の現在の場所とその軌跡を示すのみで、それ以上でも以下でもありません。あなたの貨物がどこにあり、どこにあったのかを知るだけでは、高度な分析にとって十分とは言えません。

ただし、それは高度な分析のための重要な要素です。 トラッキング&トレースから次のステップに大きく飛躍するためには、その情報を関連性のある各種データに取り込むことが重要です。 それが、インテグレーテッドロジスティックスの本来の価値を生むための近道です。

この事実を踏まえても、高度な分析のための投資に反対するのはなぜですか? 初期投資をするのが億劫なためかも知れません。 あるいは、物流担当者が自分の上司を説得できないのかも知れません。 たぶん、会社は他の分野でお金を節約する方が簡単だと思っているのかも知れません。

しかし、総合コンサルタント企業のAccentureによる最近の調査では、より高度な分析機能の導入が、需要予測を最大20%向上させ、在庫を20%削減し、企業が保管すべきスペアパーツの量を削減し、その結果保証関連コストを削減できることが明らかになりました。

実際のところ、物流はほとんどの企業にとってコストを削減できる最も有効な部門の1つであり、さらに高度な分析がそれを促進するための最良の方法の1つです。

企業はサプライチェーン全体にわたる最大の可視性を必要とします。そのチェーンからデータが更新されると予測モデルに供給され、企業は情報に基づいた意思決定を行い、将来のリスクを最小限に抑えることができます。

サプライチェーンコントロールタワーは、自社の貨物がどのルートを通ったか、そして現在どこにあるのかを伝えるだけではありません。

  • 貨物が時間通りに到着するかどうかを伝えます。
  • 遅延の可能性を突き止めることができます。
  • ビジネスリスクを自発的に特定することができます。
  • トラブルや遅延を避けるための輸送経路を指定することができます。
  • プレミアム輸送のために過大なコストを費やしている事を教えてくれます。
  • ビジネス慣行やパートナーとの説明責任の向上にも寄与します。

最大の請負業者が責任をきちんと全うしたかを知ることができれば、会社は最後まで契約を守る事ができるでしょう。

様々な業界で競争が激化するなか、企業がコスト削減のためにサプライチェーンに注目している現在、「トラッキング&トレース」という後ろ向きなアプローチだけでは不十分であることが明らかになるでしょう。

現在では、B2BとB2Cの顧客は企業からの荷物がより一層早く到着する事を期待しています。高度な分析機能は、サプライチェーンにおけるトラブルの発生を予測し予防するので、これによるサービス改善によって企業の目標達成に寄与します。


サプライチェーンマネージメント

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。