サプライチェーンにおけるコントロールタワーとは?

サプライチェーンにおけるコントロールタワーの役割とは、サプライチェーン全体を通じた全ての輸送モードとサービスを完全に統合しつつ、リアルタイムでの可視化を実現することで、パフォーマンスの監視とコスト管理を行う事です。

サプライチェーンに携わる全ての関係者とは契約を結んでいるので、彼らは各種データを一元管理された「データレーク」にフィードバックします。これらのデータは最新のソフトウェアによって分析され、何がどこに向けて輸送すべきかタイムリーな決定が下されます。さらに、将来のための意思決定に役立つデータも生成します。

サプライチェーンにおけるコントロールタワーに投資すべき理由とは?

多国籍企業は複数の工場に生産を委託しており、また複数の企業と提携して規制を遵守しながら貨物を運送し、各種業務の遂行を委託しています。 そのためには、すべての機能を1つの管理システムに統合する必要があります。

1. 完全な可視化

サプライチェーンコントロールタワーは、エンドツーエンドのロジスティクスプロセスを完全に可視化します。これまでの「トラッキング&トレース」モデルでは十分に説明することはできませんし、違いを生み出すのに十分な速さで実行可能な情報を生成しないことがよくあります。

2. 戦略的に業界をリードするためにはコントロールタワーが最適

最近の調査よると、物流部門の役員の89%が、彼らの顧客は自社のサプライチェーンモデルが扱いにくいと感じていると思っています。 多くの顧客が既存のサプライチェーンが複雑すぎて対応するのが困難であることがはっきりしているのであれば、企業がそれらの問題に十分に取り組んでいない事が明らかです。 このような状況の下、早期にサプライチェーンを改革すれば、市場シェアを獲得する可能性が高くなります。

3. コアビジネスに資源を集中

自動車メーカーは車を製造します。 製薬会社は薬を作ります。 サプライチェーンに関する業務は、会社が最も得意とする業務のエキスパートたちにとって、一般的に集中力の欠如に繋がります。 特に多国籍企業が多くのサプライヤーに委託している現代においては、これを成功裏に実行することは困難です。 解決策としてインテグレーテッドロジスティクスの専門家と協力することにより、最低限のコストでオンタイムで必要なパーツを手配できるので、会社はより優れた製品を作るという本来の業務に集中できます。

 4. コスト削減

サプライチェーンのコントロールタワーを導入するには初期費用が必要となりますが、長期的にはコスト削減に繋がります。プロセスは次の通りです。

  • 在庫削減
    サプライチェーンのコントロールタワーは、適切な場所に正確なタイミングでパーツを届けるため効率を最大化します。その結果、在庫を最小限に抑えます。 在庫の調達や保管には費用がかかります。 倉庫に眠る在庫が過多となり小売価格を下げる事になった場合、利益を圧迫します。サプライチェーンのコントロールタワーは、これらの問題を解決します。

  • 輸送の最適化
    様々な市場において、コントロールタワーは貨物輸送の最適化のために活躍します。最も効率的なルートをアレンジすることにより、それまで5つのパッケージを配達していたトラックが、7~8つを配達することができるようになります。これは最大20%の節約につながります。  

  • ミスを最小化
    物流上のミスは余分なコストの発生に繋がります。注文が遅れた場合は特急便を利用せざるをえず、その結果輸送費用が大幅に増加し、利益を圧迫します。サプライチェーンのコントロールタワーはエラーを減らすことで、不必要な追加コストを避けるように設計されています。

  • プロセス管理
    最近の多国籍企業はさまざまなサプライヤーに依存していることが多く、製造過程において誰が関与しているか把握することは困難です。コントロールタワーを活用すれば、どのサプライヤーが納期を守っていないかを把握することができます。 また、誰かが常にチェックしていることを知っているので、サプライヤーは常に正しく実行しようという動機に繋がるのです。


こちらもご覧ください...


サプライチェーンマネジメント

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。