自社のサプライチェーンに最適なコントロールタワーとは?

おめでとうございます!自社のサプライチェーンのためコントロールタワーに投資することを決断しましたね。いい動きです。

これまであなたは、自社のビジネスをより円滑に、そして収益性を高めるための手法を学んできました。 コントロールタワーを組み込んだインテグレーテッドロジスティクスがいかに信頼性と顧客満足度を向上させるかを理解しました。そして、自社にとってそれが必要であり、上司に理解してもらうために必要な議論を行ってきました。

では、次のステップは何でしょうか?それは、主要な投資と同様にビジネスニーズについて詳細に分析しながら、どのタイプのコントロールタワーが最適なのかを真剣に考察する事です。ここでいくつかの重要な質問を伺います。

1. 行動、もしくは分析?

極く簡潔に言えば、コントロールタワーは2つのことを行います。データの収集と分析、そして物流業務のパフォーマンス管理です。 多くの場合はその両方を行います。 データに焦点を当てることで、より良い将来の意思決定が可能になります。 しかし、コントロールタワーの最も優れた利点は、データに基づいてリアルタイムで意思決定を行うことによりコスト削減できることです。 そのためには、業務を監督する能力が必要です。では、 コントロールタワーは何を重視し、ビジネス目標に沿って何を行うのでしょう?

 

 

2. 重要なタスクは何ですか?

コンピュータを購入する場合は、まず使用するアプリケーションを決めてから、それを処理できるシステムを検討するのが最善のプロセスです。インテグレーテッドロジスティクスにおいても、コントロールタワーの導入プロセスは多くの点で似ています。 コントロールタワーで何をしたいのかを決めるのが先決です。そして、それに合わせてシステムを設計していきます。

最高レベルのコントロールタワーは幅広いタスクに対応できます。 それは、注文、在庫、輸送ブッキング、実務、通関、請求書等を管理できます。 また、将来のニーズに役立つデータを収集して分析することもできます。 しかしビジネスのレベルはお客様によってまちまちです。すべての管理が必要な場合もあれば、いくつかの管理だけで事足りるかも知れません。これらのタスクを自社のニーズとマッチさせることは最も重要なプロセスです。

一方、技術革新は常に進行しています。つまり、あなたの意思決定が新たなニーズに適応できないような、柔軟性に乏しいシステムを構築しないことも重要です。

3. 技術的観点と規制面におけるニーズは満たしていますか?

異なる産業には異なる要件があります。例えば 玩具メーカーは、製薬会社や医療機器メーカー、または半導体メーカーとはまったく異なるニーズがあります。 同様に、各国の規制や行政に関する方針により各種のニーズも国ごとに異なります。

コントロールタワーは、高度な技術を要したり、規制が厳格な業種の企業にとっては、特に有益です。 もちろん万全ではありません。あなたの会社がこれらの業種に属する場合、コントロールタワーがどのように自社のニーズに対応するかを詳細に考えることは重要です。

4. 移行プロセス

コントロールタワーの委託と導入は間違いなく重要なプロセスであり、ビジネスの大きな変革を意味します。 必要以上に難しくする理由はありません。 移行プロセスを考察しましょう。

セットアップ期間に何が起きるでしょうか?ご自身とお客様の間の混乱を最小限に抑えるためにパートナー企業は役立ちますか? コントロールタワーはどのように自社の既存システムと統合しますか? 将来的な技術的進歩に適応できますか?

5. 自社内管理それともアウトソース?

アウトソーシングに伴う最大のリスクが、多くの権限譲渡によって、自社によるサプライチェーンの管理が失われることです。その意味では、さらに多くの部分をアウトソーシングする事でこの問題を解決するのは少々皮肉なことかもしれません。

それでもパートナーになる理由があります。 事実として、それは自社がアウトソーシングを検討した理由であるかもしれません。つまり、他社がより効果的に安価に実行できるのなら、自分自身が割高な費用と余計な努力によってそれを実行する事は正当化できません。

まれに、サプライチェーンが非常にニッチである場合、企業が独自のコントロールタワーを構築するのは理にかなっています。それにより、かなり特化された制度関連の知識を活用することができます。

また、一部の企業では膨大な量のデータを第三者の手に渡すことに少し躊躇しているかもしれません。例外として、同様のビジネスを展開する企業はクラウドへのシステム統合が進んでいるので効果的です。

最終決定のための要素

徹底的に検討され、適切な評価が行われた上で、最終的にコントロールタワーへの投資という戦略的な決断が下されます。 慎重な資産適正評価、相互信頼と尊敬、強いコミットメント、そしてオープンなコミュニケーションが重要です。 それは事業を遂行するための正しい決定でなければなりません。 しかし、より多くのオプションがいつでも利用可能になれば、多くの企業に合致するものがあるはずです。

また、最高のインテグレーテッドロジスティクスソリューションには、お客様と組織にとって最適な決断が確実になされるための全てのオプションを説明するサプライヤが常に寄り添っています。



こちらもご覧ください


サプライチェーンマネジメント

私たちはロジスティックスに関する専門知識とグローバルなネットワークにより、お客様のサプライチェーンを無駄なく、柔軟性に優れ、かつ需要主導型にすることができます。私たちと提携することで、お客様の時間とリソースをコアビジネスに集中させる事ができます。 受注処理から輸送管理、そして可視化とモニタリングまで、エンドツーエンドのソリューションを統合しています。