Incoterms® 2020

インコタームズ®規則は、国際貿易における買主と売主の責任を定義するものです。つまり、国際的な輸出入を行うときの費用と危険に関する負担がどのように当事者に割り当てられるかを決定するための国際的な規則です。 インコタームズ規則は世界中で商品を売買する際の契約に常に組み込まれており、日常的な貿易用語の一部となっています。

国際商業会議所(ICC)は、11のインコタームズ®取引条件の使用に関する規則を網羅したIncoterms®2020を発行しました。

 

 

今回は、商慣行における最新の傾向を考慮に入れた上で規則内容を更新し、より使いやすくしています。

新しい規則は2020年1月1日に発効しました。この日付の時点から、すべての売買契約はインコタームズの最新バージョンである2020年度版規則を引用する必要があります。

 

インコタームズ 2010 と 2020 の違い:

  • FCA (運送人渡し) 規則では、輸出国にて貨物の船積み前に船積証明(on-board notation)が追記された船荷証券(Bill of Lading)の発行を求める事ができます。
  • 各インコタームズ® 規則のA9項およびB9項に、費用に関する項目がまとめて記述されています。
  • CIP(輸送費保険料込み)規則では、協会貨物約款(Institute Cargo Clause)の (A)約款 (特例項目を除く全危険)の水準を満たす保険の付保が義務づけられます。
  • CIF(運賃保険料込み)規則では、協会貨物約款(Institute Cargo Clause)の (C)約款 (特例項目を除く多数の列挙危険)の水準を満たす保険の付保が義務づけられます。
  • FCA(運送人渡し)、DAP(仕向地持込渡し)、DPU(荷卸込持込渡し)、DDP(関税込持込渡し) の各規則では、第三者に運送を外注する事なく、売主または買主が自身で運送を手配する状況に対応します。
  • DAT(ターミナル持込渡し)規則はDPU(荷卸込持込渡し) に名称が変更され、仕向地が「ターミナル」のみならず、いかなる場所でも可としうる事を明確にしています。
  • インコタームズ® 2020では、安全関連要件の明示的義務の分担が追加され、これら要件の充足に要する費用も明確に記載されています。

付記:
1. CPT、CIP条件における荷揚費用負担、並びにCPT、CIP、DPU条件におけるTHC等の揚地費用は、当事者間の契約により異なります。
2. CPT、CIP、DAP、DPU条件における輸入通関費用は、租税公課と共に輸入者負担となります。

 

参考情報

インコタームズ® は完全な売買契約を構成するものではなくあくまでも目安を示すものです。これらは法律的に強制するものではなく、具体的な取り決めについては当事者間の合意に基づきます。

なお、インコタームズを引用する場合には下記の体裁にて記載する必要があります:
“[使用するインコタームズ® 規則] [港もしくは住所] Incoterms® 2020”

記載例: “CIF Shanghai Incoterms® 2020” あるいは “DAP 10 Downing Street, London, Great Britain Incoterms® 2020“

インコタームズ® に特定年を明記できない場合、下記のような記載も可能です:
• until December 31st 2019 the Incoterms® 2010 apply.
• from January 1st 2020 the Incoterms® 2020 apply.

異なる年(例えば、Incoterms® 1980)が記載されている場合、それぞれの条件が適用されます。 

ご不明な点がありましたら直接ご連絡ください。

詳細については国際商業会議所(ICC) が発行する INCOTERMS®2020をご覧ください。本資料はお客様のための参考資料として作成しています。上記インコタームズ® の使用に起因する全ての権利および義務に関する完全かつ詳細な説明についてはICCの公式テキストをご参照ください。(https://iccwbo.org).