最適なサービス航路を選択するには

適切なタイミングで、適切な場所に適切な量の製品が顧客に提供されるようにすることが、あらゆるサプライチェーンの達成目標です。また、輸出貨物を輸送するために適切なサービス航路を選択することもサプライチェーン戦略の重要な要素です。
こちらでは、適切なFCLサービス航路の選択を簡単にできるよう、ご注文の履行実績を次のレベルに引き上げるための具体的なご提案をご紹介させていただきます。

1.    目的地の到着予定日を明確にする

適切なFCLサービス航路を選択するための第一歩はお取引先様に対する義務を果たすため貨物がいつ目的地において入手できるかを明確にすることです。

2.    貨物の準備完了日を明確にする

次に、受注した製品の製造がいつ完了するかを理解することです。製造部門と緊密に連携し、特定した日に製品が準備できることを目指します。

3.    最長のリードタイムを計算する

これでいつ製品の準備がおわり、そして納品できるか把握できるようになり、最長リードタイムを計算することができます。コンテナは出港日前にCYに入れる必要があるため、CYカット日を考慮する必要があることにご注意願います。念のためCYカット日は出港予定日の48時間前であると仮定し、これをリードタイムに含めます。

4.    サービス航路の選択を明確にする

ほとんどのFCL航路は複数のサービスから選択できます。その後、CYカット、出港日、到着日など要件を満たすサービスを選択します。

5.    コストの明確化

これであなたのビジネスニーズに合ったサービス航路の候補を絞ることができましたので、最も効率的なコストかつ信頼性の高い選択を確保するために船社やフォワーダーから見積もり取得をします。


大変そうに聞こえますか?心配しないでください。我々はeShipAsiaを開発し、お客様の選択肢を考慮し、1分以内にベストな決断ができるようお手伝いします。 

  • 30秒以内にベストなサービス航路をご案内
  • 即座に約束された見積りを手に入れましょう
  • 1分以内にオンラインでブッキングとスペースを確保
  • オンラインで貨物追跡

いかがでしょうか?

ぜひeShipAsiaをお試しください



こちらもどうぞ...