SOLAS条約とは何ですか?

SOLAS条約とは“International Convention for the Safety of Life at Sea”の頭文字を組み合わせたもので、日本語では「海上人命安全条約」という名称です。1912年のタイタニック号の事故を受けて、1914年に最初の条約が発効されています。その後何度か修正が加えられたのち、1948年以降は International Maritime Organization (IMO)がSOLAS条約の管理運営を行っています。

VGMとは何ですか?

VGMはVerified Gross Massの略で、コンテナ貨物の総重量を意味します。つまり、貨物の自重量、 梱包材、パレット/荷敷き、ラッシング材に加え、コンテナ自重量をも全て含めた総重量の事です。

提出に必要なものは何ですか?

荷送人は、貨物重量と荷積みのための各種資材、そしてコンテナ自重量を合わせたコンテナ貨物総重量(VGM)を船会社に提出する必要があります。その際、申告した重量の責任を証明する人物の署名(電子署名でも可)が必要です。これらの情報は貨物を船積みする前に船会社に提出する必要があります。

どの国でSOLAS/VGMが有効ですか?

国際連合の専門機関であるIMO(国際海事機関)のメンバー国は全て、この新しいVGMルールに則る必要があります。いくつかの国では、このルールが自動的に国のルールとなります。その他の国では追加のルールとして適用されます。

なぜ今、VGM提出が必要となったのですか?

安全性の観点から、荷送人が正確かつ信頼性のあるコンテナ貨物総重量を船会社申告するために必要であると判断されたからです。これまでは貨物重量の誤申告が起因すると思われる多くの事故が発生し、人命や資材、設備等に大きな損失を与えてきました。

VGM提出の責任者は誰ですか?

SOLASのルールでは、船会社と海上運送契約を締結した荷主として船荷証券(B/L)に記載された人物、つまり荷送人がコンテナの貨物総重量を申告する義務があります。

キューネ・アンド・ナーゲルを含むフォワーダーは、船会社に対する荷送人として、荷主様から頂いた情報を基にVGMを船会社に提出することができます。

VGM提出のための重量の計測はどのように行いますか?

重量確定方法は下記の二つが認められています:

  • 方法1: 荷送人自身で、もしくは代理業者に依頼して、実入りコンテナの総重量を計測します。
  •  方法2: 荷送人自身で、もしくは代理業者に依頼して、コンテナ内に梱包する貨物、パレット、その他の固定材を含む全ての貨物品等の重量を計測し、さらにコンテナの自重量を足し合せてコンテナ全体の重量を算出します。.

さらに詳しい情報は国土交通省のウェブサイトに記載されています。

方法1とは?

荷送人自ら、もしくは依頼した第三者が、実入りのコンテナの総重量を計測する方法です。

方法2とは?

荷送人自ら、または依頼を受けた第三者が、コンテナ内に梱包する貨物に加え、パレット、その他の固定材を含む全ての貨物品の重量を計測し、これにコンテナの自重量を足し合せてコンテナ全体の重量を算出する方法です。

コンテナの自重量はどのように確定しますか?

コンテナの自重量はコンテナの扉に明記されています。コンテナ重量の情報はいくつかの船会社のウェブサイトでも入手することができます。

ただし、コンテナの修繕、湿度を含んだ床の木材、その他の理由によって、コンテナの自重量が変わっている場合もあります。

港でコンテナの重量を測定できますか?

理論上は港でも計測できますが、全ての港が計測設備を保有しているわけではありません。港でのコンテナ重量計測は、潜在的に重大な混雑や遅延につながる可能性があります。

荷主が提出しなければならない情報とは?

荷主様からキューネ・アンド・ナーゲルに提供して頂きたい情報は下記の3つです:

  1. コンテナ貨物総重量(VGM) :貨物の重量、パレットや固定材等を含む資材、そしてコンテナの自重量を足し合せたコンテナ全体の重量。
  2. 署名(EDIのためのブロック英字体):荷送人または確定事業者の会社名および担当者名。
  3. 補足情報:その他関係官庁からの要求により必要な情報。

キューネ・アンド・ナーゲルへのVGM提出の期限は?

港によってキューネ・アンド・ナーゲルへのVGM提出期限は異なります。海事機関が管轄するVGMのルールは国や地域によって異なるからです。

もし荷主がVGM提出を忘れたらどうなりますか?

キューネ・アンド・ナーゲルは常にVGMの提出状況をモニタリングしており、荷主様が船積みできなくなる可能性を極力なくすために、遅滞のないVGM提出を促します。

VGM提出が遅れている場合には、弊社の海上貨物輸送担当オペレーターが荷主様にご連絡いたします。

結果的にVGM提出を行わなった場合はどうなりますか?

コンテナ貨物総重量の情報がない場合、船会社と港湾担当者は該当コンテナを船積みする事ができません。

キューネ・アンド・ナーゲルは荷主に代わってFCLを船積みします。この時VGM提出義務があるのは誰ですか?

この場合、キューネ・アンド・ナーゲルが実際の荷主様に代わり、船積み業者としてコンテナの重量計測を行います。しかし、船荷証券(B/L)やSWBに記載された実際の荷主様が船会社にVGMを提出する義務があります。

キューネ・アンド・ナーゲルは、荷主様との契約内容により責任範囲が限られます。

SOLAS VGMに関する監督義務があるのは誰ですか?

英国に本拠を持つ行政機関であるThe Maritime & Coastguardが、SOLAS/ VGMに関する責務を負っています。