アセットパブリッシャー

null ロジスティクス業界初。キューネ・アンド・ナーゲルのNet Zero Carbonプログラム

環境に配慮した持続可能なサプライチェーンソリューションを提供することをお約束いたします。業界のリーダーとして、私たちは2つの重要な目標を掲げました。1つ目は、2020年時点で自社による直接的なCO2排出量を全てカーボンオフセットにしました。二つ目は、当社のサプライヤーである航空会社、海運会社、運送会社が行う輸送サービスによって発生するCO2排出量を、2030年までにカーボンオフセットにすることを決定しました。

私たちは企業として、そして全従業員をあげて、CO2排出削減を実現するためにNet Zero Carbonプログラムに現在取り組んでいます。

Kuehne+Nagel International AG 最高経営責任者、Dr. Detlef Trefzger (デトレフ・トレフツガー)

Dr. Detlef Trefzger (デトレフ・トレフツガー)

住みよい未来を確実なものにするために、地球環境を大切することは、いま私たちが取り組まなければならない重要なテーマです。

海洋酸性化と地球温暖化は自然の生態系に壊滅的な影響を与え、地球上の生き物を危機に陥れています。私たちはこの現実を変える必要があります。物流業界が生み出すCO2排出量は世界全体の約7%を占めています。業界を牽引する企業として、私たちはNet Zero Carbonプログラムを通じ、CO2排出量を低減していくことに尽力してます。

カーボンニュートラル化実現のための主な目標

  • 全てのオペレーションにおいて効果的なCO2マネジメントを実行する

  • 環境に優しいソリューションをお客様に提供する

  • 環境基準に基づいた物流サービスを調達する

私たちの目標

世界中に拡がる当社の全ての輸送・物流サービスにおいてCO2の削減に取り組んでいます。目標達成に向けた2つの主な目標:

  1. 2020年時点で当社による直接的なCO2排出を完全にカーボンニュートラル化すること(GHGプロトコルlスコープ1および2)

  2. 2030年までにサプライヤーと顧客によるCO2排出のカーボンニュートラルを達成する(GHGプロトコルのスコープ3

当社のカーボンニュートラル化への取り組みだけでなく、ビッグデータや予測分析を用いたサプライチェーンにおけるCO2排出量削減のためのソリューションや、より持続可能な輸送ルートや輸送モードの選択をサポートするデジタルプラットフォームをお客様に提供したいと考えています。

 

輸送時のCO2排出量を削減するために、当社は以下のような取り組みを行っています。

サステイナビリティ目標を達成するために行うこと

当社のカーボンニュートラル化の取り組みには、可視性、削減、オフセットが含まれます。

可視性:環境に配慮した選択を行うためには、サプライチェーンの各段階でCO2排出量をより一層把握する必要があります。当社のデジタルプラットフォームをご利用いただくことで、お客様はルートを最適化し、CO2排出量が最も少ないサービスを選択して環境への影響を低減できるようになります。詳細については、当社のCarbon Calculator、またはSeaexplorerをご覧ください。

削減:CO2排出量削減への取り組みは、当社のチームレベルにおける環境意識の維持・向上のためのトレーニングプログラムから始まります。そして、再生可能エネルギーの導入、出張や廃棄物処理の削減へとつながっていきます。

オフセット:当社は、持続可能な開発目標(SDGs)に向けて活動している認証済の環境プロジェクトに投資することで、フットプリントを削減しています。カーボンオフセットとは広く知られたシステムであり、回避が難しい貨物輸送時のCO2排出量を相殺する事が可能です。当社のお客様にもご利用可能です。

オフセットおよび当社が投資している環境プロジェクトについての詳細は、こちらをご覧ください。Net Zero Carbonプログラムに関する最新のプレスリリースは、ニュースルームでご覧ください。